求人・採用サイト

トップ就職活動中の皆様へ > 額賀龍兵

:Message

患者さんが本当に感謝してくれている、喜んでくれていると感じると、歯科医療の意義を強く感じることができます。

東京医科歯科大学卒額賀 龍兵

Interview

精密審美会で働く先輩たちにインタビュー

:Question1

どのような歯科医師像を理想にしてますか?

多面的な分野からのアプローチを提供できる知識と実力、患者さんが望んでいる治療をくみ取る力、これらを統合してその患者さんにとってベストな歯科医療を実践する歯科医師です。例えば、どんなにインプラントが上手でも、虫歯の治療はできませんでは話になりません。広く深く口腔をとらえ、頭で思い描いた治療を体現できる力が必要だと思います。

:Question2

就職活動時の思い出や感想を教えてください。

3院ほど見学に行ったのを覚えています。それぞれに魅力がありましたが、とにかく本院の理事長の磊磊とした人柄に圧倒され、気づいたら他のところに行くという選択肢が無くなっていました。

:Question3

精密審美会に決めた理由はなんですか?

大学病院での学生実習で、患者さんを引き継いだ先輩からすすめられ見学をしました。最初に魅力を感じたのは1日に診る患者さんの人数が少なかったことです。それだけ1人1人に多くの時間を割いているのであれば、治療も丁寧なのだろうと漠然と感じました。バイトで通うようになり、治療の内容の多様さ、精密性に驚き、こんなに自分の知らない世界があるのか、自分もこのような治療ができるようになりたいと単純な思いから就職を決めました。

:Question4

精密審美会の良いところはどこだと思いますか?

矯正、外科、一般、あらゆる視点から症例に向き合う力が養われます。研鑚する姿勢と、物事をつきつめる努力さえあれば、明日にでもそれを臨床的に実践する現場が与えられています。既成的な考えにとらわれず、なにが良いのかを考える力があれば、それを議論する相手も沢山います。そして、そんな向上的で自由な環境は、患者さんに対して妥協しない治療へと帰着していると思います。

:Question5

職場での嬉しかった出来事、辛かった出来事はどのような事ですか?

辛かったことはありません。嬉しいことは、なにより治療を終えた患者さんから感謝されることです。矯正や、全顎的な治療の患者さんは2~3年と治療に通われます。ようやく終了した時に、患者さんが本当に感謝してくれている、喜んでくれていると感じると、歯科医療の意義を強く感じることができます。

:Question6

就職活動中の方へのアドバイスをお願いします。

職場には性格があります。特に歯科医院はその気が強いでしょう。自分の適性をよく認識して、どんな職場が向いているのかイメージしてみてください。それぞれのイメージに合った医院がきっとあると思います。

:Last question

今後の目標・挑戦を教えてください。

第1に目の前にある技術の習得あるのみです。同時に、常に考えながら挑む姿勢を保ち続ければ、自ずと色々な経験がついてきて、ひいては歯科医師としての成長、本院への貢献へつながる思います。また、仕事だけではなく、いままで培ってきた趣味や他分野の学習も大事にしていきたいと思います。