求人・採用サイト

トップ就職活動中の皆様へ > 奥村高広

:Message

初めは慣れていなかった外科治療も、経験できる機会が非常に多いので毎回反省しては次に改善と繰り返すうちに考えられないスピードで上達します。

東京医科歯科大学卒奥村 高広

Interview

精密審美会で働く先輩たちにインタビュー

:Question1

どのような歯科医師像を理想にしてますか?

歯科医師といえど、一人の人間であることには変わりありません。最終的には患者様を幸せに出来るのは人柄だと思っています。心から患者様のことを想い、親しみやすく明るい歯科医師像を理想と考えています。ただ、人柄が良いだけでは患者さんは安心して治療を受けることができません。常に前向きで勉強熱心、そして根拠に基づいた医療を一つ一つきっちり行うという歯科医師としての義務もしっかりと果たしていき、真の意味で患者さんを救える歯科医師を目指しています。

:Question2

就職活動時の思い出や感想を教えてください。

研修医になる前から、矯正治療の必要性自費の治療をこだわってやることの大切さを感じていました。銀座院に初めて見学しに来た際、直感でここに自分のやりたいことが全部あると確信しました。とは言ってもすぐに直感を頼りに就職を決めることができず、色々な医院を見学しました。結局、他の医院を見学に行くたびに、当院の素晴らしい環境を再認識することとなり見学半ばにして就職を決めました。

:Question3

精密審美会に決めた理由はなんですか?

就職の決め手としては、矯正治療を含めたオールマイティースーパードクターを育成する環境があるということに尽きると思います。就職してから気付かされた当院の素晴らしさも多々ありますが、やはり矯正もできて、歯周外科、インプラント、審美補綴マイクロエンドなどなどどんな症例でも完璧に近い治療を自分一人でできるドクターになれる環境はここしかないと思います。まぁ就職してからの努力にも寄りますが日本最高レベルの環境は整っていると思います。

lt="">

:Question4

精密審美会の良いところはどこだと思いますか?

理事長をはじめ、年の近い先輩ドクターまで皆さん本当に惜しみなくたくさんのことを教えてくださいます。自分できちんと学ぼうという意識さえあれば相当貴重な診療経験を積める場です。人間関係も非常にさっぱりしています。診療以外の時間は本当に賑やかで、みんなでわいわい盛り上がると仕事の疲れも吹き飛びます。

:Question5

職場での嬉しかった出来事、辛かった出来事はどのような事ですか?

初めは慣れていなかった外科治療も、経験できる機会が非常に多いので毎回反省しては次に改善と繰り返すうちに考えられないスピードで上達します。初めは切開すらままならなかった埋伏智歯の抜歯をよほど難しいケースでなければ胸を張って抜くことができるようになりました。患者さんに抜糸のとき全然痛くなくてびっくりしたと言われた時は嬉しかったです。辛かったのは、やはり自費メインの病院なので患者さんの意識も高いです。若くいドクターだから仕方ないなどの評価を受けると辛いです。まだ経験年数は短いですが、若いのに堂々と治療するねと言われるよう努力を惜しみません。

:Question6

就職活動中の方へのアドバイスをお願いします。

直感を信じて飛び込むのは非常に勇気のいることです。僕もできませんでした。歯科医師としての第一歩となる環境なので、後悔しないようにしたいという気持ちはすごくよくわかります。しかし、信じて後悔しないのは自分の直感のみだと思っています。色々と他の世界を覗いてみるのも悪くありません。でも、一度見学してみて、自分のやりたいことがここにはあると直感で感じたら、結局それに従うのが一番いいのではないかと思います。この病院には絶対後悔しない環境が整っています。

:Last question

今後の目標・挑戦を教えてください。

歯科医師の数が多いので年の近い先輩ドクターもたくさんいます。経験年数の多い先輩ドクターをもライバルと思えるような強い意識で治療技術の向上や医学知識を学んでいきたいです。今後はもっとインプラントや歯周外科の分野も自分で積極的にやっていきたいと考えています。