求人・採用サイト

トップ就職活動中の皆様へ > 佐藤瑠香

:Message

小さな医院と異なり、たくさんの先生がいて色々な意見が聞けることも大きなメリットでした。

東京医科歯科大学卒佐藤 瑠香

Interview

精密審美会で働く先輩たちにインタビュー

:Question1

どのような歯科医師像を理想にしてますか?

相談しやすい親しみやすさがあることは絶対条件だと思います。そのうえで、確かな診断力と技術を持ち合わせていて、「まず先生に診てもらえば間違いない」という安心感を患者様に持って頂ける歯科医師になりたいです。

:Question2

就職活動時の思い出や感想を教えてください。

周りの友人は大学に残って、専門性を身につける道を選ぶ人がほとんどでした。しかし自分は学びたいことが多すぎて、大学の中でどの分野に進むか1つにしぼりきれずにいました。そこで自分の求めるすべてを学べる場所がないのか、大学の外にも視野を広げてみたのです。幸運なことに、当院に巡り会うことができました。

:Question3

精密審美会に決めた理由はなんですか?

教科書に載っているような理想の治療はなかなか現実にはできないと思っていたのですが(患者様のご理解が得られない等々)、当院では当たり前のように行われており感動しました。小さな医院と異なり、たくさんの先生がいて色々な意見が聞けることも大きなメリットでした。大学の外に出ると偏った治療方法にならないか、というのが不安要素かと思いますが、当院の先生方は常に勉強して、日々進化し続けているのが素晴らしいです。

:Question4

精密審美会の良いところはどこだと思いますか?

目標にできる先輩ドクターがたくさんいるところ。

:Question5

職場での嬉しかった出来事、辛かった出来事はどのような事ですか?

自分は歯科医師になるまでの道のりの方が100倍辛かったので、特に辛さは感じていないですが、決してゆるい環境ではないので参考にならないかもしれません。嬉しいことは、患者様に「次も先生に診てほしい」と言われること、スタッフの方に「先生と働きたい」と言われること。

:Question6

就職活動中の方へのアドバイスをお願いします。

自分がどうなりたいかわからなくても、いろいろな医院を見学することで考えが固まっていくので、まずは動くのが大事だと思います。

:Last question

今後の目標・挑戦を教えてください。

日々、学ぶべき課題が増えていくように感じています。その1つ1つを、文献と臨床の両サイドから深く追究し続けていきたいです。