求人・採用サイト

トップ就職活動中の皆様へ > 吉崎ゆりあ

:Message

どの分野か限定せずに、なんでもできる環境があるからです。

東京医科歯科大学卒吉崎 ゆりな

Interview

精密審美会で働く先輩たちにインタビュー

:Question1

どのような歯科医師像を理想にしてますか?

患者様に安心感を与えられる歯科医師を目指しています。
具体的には、治療の質を高めるために知識を増やし技術を磨くことはもちろん、人間性を養うことで人として信頼してもらえる歯科医師が理想像です。
この先生に診てもらえてよかったと思ってもらえるようになりたいです。

:Question2

就職活動時の思い出や感想を教えてください。

まず、大学院進学するか就職するかの2択で迷っていました。大学院に進学するのであれば、卒後教育で学ぶもの、専門性の高いものがいいと思い、矯正を筆頭に悩んでいました。しかし、悩めば悩むほど欲張りなもので専門性は高めたいけれどもオールマイティになりたいと思うようになりました。そんなタイミングで出会ったのが精密審美会です。

:Question3

精密審美会に決めた理由はなんですか?

どの分野か限定せずに、なんでもできる環境があるからです。 一人の患者さんの全顎治療を、自分で一般も矯正も含めた治療計画を組み立てられる、それを実行に移すことができる、治療後の経過も追っていける、まさに理想の場所がここにあると思ったからです。

:Question4

精密審美会の良いところはどこだと思いますか?

勉強熱心で知識豊富な先輩ドクターに恵まれていること、院内の勉強会が定期的にあること、治療をするにあたっての設備や道具が豊富であること、一人の患者様に対するチェアタイムを内容に合わせて妥協せずに設けることができること。
学ぶ意欲さえあれば、幅広い知識、技術を高めるための最高の環境が整っていると思います。

:Question5

職場での嬉しかった出来事、辛かった出来事はどのような事ですか?

先生に診てもらえて良かったと言ってもらえる瞬間が一番嬉しかったです。
辛いというのとは少し違いますが、まだまだ未熟で至らない点が多く、それを痛感するたびに精進しなければと思っています。
出会いもあるけれども、別れもあるのが辛いことです。

:Question6

就職活動中の方へのアドバイスをお願いします。

まずは、いろいろと歯科医院を見てみるのがいいと思います。
診療内容はもちろん、雰囲気や設備、他自身のこだわりポイントなどもふまえて、自分の目指す歯科医師像に近づけると思うところを選んでもらえるのが一番です。
オールマイティになりたいと思う方、精密審美会はおすすめです!

:Last question

今後の目標・挑戦を教えてください。

最終的な目標は、歯科医師として自立することができるようになることです。
そのために今はまず、目の前の患者様に対して最善の治療を選択することができるように、選択肢を広げるべく知識と技術を磨いていきたいと思います。
一生新しいことに挑戦し続くて行くことを忘れずにいたいと思います。