求人・採用サイト

トップ > 歯科医師の一日

One day歯科医師の一日

患者様に最善の選択肢を提示できるように

木下翔太
-Kinoshita Shota-

経歴
2016年:鹿児島大学歯学部卒業
2019年:大阪歯科大学付属病院 臨床研修 修了
2019年:精密審美会 入職
就職活動中の皆様へ プロフィール

歯科医師に必要な様々な技術が身につく

大学院に進学するか、あるいは一般開業医に勤めるか、また大阪出身なので、就職先は東京でよいのかなど、正直かなり悩みましたね。大学院の説明会や歯科診療所の見学を経て、先輩や家族に相談しながら約1カ月間じっくり考えた結果、最終的に精密審美会に就職することを決めました。

当院は、友人に勧められて知りました。決め手になったのは、自分が求める治療、家族に勧められる治療を実践されていたからです。

また、精密な根管治療をはじめ、補綴治療や歯周治療、矯正治療のすべてを学べるところに魅力を感じました。当院は、訪問した医院の中で、特に高度な治療を幅広く提供しており、歯科医師に必要な様々な技術をしっかり身につけることができます。精密審美会に就職して本当に良かったと思っています。

木下翔太

精密な治療を幅広く総合的に
理想的なかたちで実践

当院の一番の魅力は、すべての先生が精密な治療を幅広く総合的に、しかも理想的なかたちで実践しているところだと思います。具体的には、医学書や勉強会で学んだことから外れた治療は行いません。まず何よりも、基本に忠実に丁寧な治療が行われています。とても誠実な歯科医院に就職できたと感じています。

勤務して嬉しかったことは、患者様から本当に嬉しそうな表情で「ありがとう」と言ってもらえたときですね。より多くの患者様に喜んでいただける治療サービスを提供できるように、精進しなければ、と思う瞬間です。逆に辛かったことは、入職当時、自分にできないことが多く、患者様をはじめ、先輩先生や一緒に働くスタッフに、たくさん迷惑をかけてしまったことです。現在は、日々多くの皆様に支えていただけていることに感謝しながら働いています。

木下翔太

多くの経験を積み、
学ぶことができる

私が理想的とする治療は、自分の得意な治療を押し付けるのではなく、患者様の目線でお話しをしっかり聞き取り、そのときの歯の状態を加味して、最善の選択肢を提示すること。患者様が最高の治療が選択できた、と心から思っていただける治療をめざしています。それを実現するためには、様々な選択肢が提示できる豊富な知識と、確かな技術が必要であり、日々歯科医師としてスキル向上に努めています。当院は、多くの経験を積み、学ぶことが可能であり、ドクターとして着実に成長していけると実感しています。

悔いが残らない進路を選択することは難しいものです。人生の大きな岐路ですから悩むのは当たり前、ただし考え過ぎはよくありません。広い視野で多くの情報を収集し、できれば歯科医師の先輩だけではなく、友人や家族にも自分の考えを話し、様々な意見や助言を聞くとよいでしょう。実際に働いてみないとわからないことも少なくありません。また就職はゴールではなく、歯科医師としてのスタートラインです。自分にとってベストだと思う進路を見つけてください。

ある一日のスケジュール